様々な歯質および歯の喪失に対して

機能性の評価

失われた組織を復元する際に非常に重要となるのが、咀嚼や動作における口腔全体の機能性が、患者様生来の状態ではどうかということを計測・評価し、これを治療の際に考慮して再現することです。そのため、歯の補綴では必ず機能性評価を実施し、結果に応じ、咬合高径(噛み合わせの高さ)を復元するなど、取り外し可能なマウスピースを使った準備治療が必要となることもあります。

また、歯ぎしりや食いしばりが、偏頭痛、肩凝りといった問題を引き起こすこともよくあります。そのため、こういった症状をお持ちの方にも機能性評価を実施しています。患者様一人一人の評価結果に基づき、マウスピースを製作します。これを規則正しく装着することで、症状全体が大幅に改善されることも珍しくありません。

クラウンとブリッジ

複雑な構造を有するクラウンやブリッジでは、従来のメタルボンドに加え、今日では、オールセラミックスの技術を使用するケースが増えています。この場合、ジルコニアセラミックスの土台をセラミックスで覆う構造となり、製作には精度の高い作業が必要となります。特に前歯の治療では審美性に優れた材料です。

ベニア

審美歯科で注目を集めている新しい技術です。歯質保存に優れ、今ある歯を生かした低侵襲治療が可能となります。自然の歯の外観と機能性を完璧に再現し、最適化することができます。前歯に審美性に劣る詰め物、歪み、小さな隙間などがある場合、セラミックスの薄いシェル(ベニア)を被せ、問題の個所を隠したり、埋めたりすることで美しい外観を得ることが可能です。

義歯、補綴治療

歯の欠損が広範囲にわたる場合、ご希望および状況に応じ、インプラントによって固定式の補綴物を使った効果的な治療を行うことができます。これにより、多くのケースで快適な生活を送ることができるようになります。一方で、従来の取り外し式義歯が推奨されるケースもあります。取り外し式でも審美性および機能性に優れ、クラスプを使用しないタイプなど、様々な固定方法により、「他人に気付かれない」義歯を製作することが可能です。

高い審美性と機能性の実現には、歯科技工士との詳細にわたる調整が必要です。当院では、マイスター技工士を抱える、ドイツでも選り抜きの歯科技工所と提携し、生物学的に安心できる材料を使用した高機能補綴物の実現に努めています。

診療時間

月曜日: 8:00 - 21:00
火曜日: 8:00 - 21:00
水曜日: 8:00 - 18:00
木曜日: 8:00 - 18:00
金曜日: 8:00 - 13:00

予約


電話(代表)
089 16 50 87

Eメール
verwaltung@dr-schoeberlein.de

あらかじめ予約をお願いします。

すべての保険に対応しています。

ギャラリー